気まぐれダイアリー

気まぐれ、戯れ、ギター、料理、植物・・・

つる状フィラメント…

巻きが雑なフィラメントへの対処法… 様子を見つつ、解しつつ、気長に… 久々にベッド上の固くなった糊をキレイに拭き取り、新しく塗り直したら、調子良くプリントが出来るようになった… 付きっ切りは疲れるから、長時間のプリントはやめっ!

ベッド熱過ぎ…

PLAのベッドが70℃って言うのは、この季節でも、温度が高過ぎた… 印刷温度はやや高めの方が良いみたいだけど、今はオープンタイプのEnder 3でもベッド温度50〜60℃でうまく定着している… PETGからPLAに変更した直後は50℃で安定しなかった… ノズル内側にPETGが…

ギターの3Dプリント⁈

やっと勢揃いしたんで、とりあえず、記念撮影! ストラト、テレキャス、Vにレスポールにエクスプローラ… 印刷時間の都合で縮尺は合ってないけれど、アンプとキャビも揃った… まあ、試し刷りの域だけど… 海外では、実部大のボディをプリントして、ギターにし…

WEBサイト完成(仮)!

今朝、やっとサーバーを借りて、撮影、イラスト作成も含めると延1ヶ月以上掛かった、サイト一式をUL! http://lovepicks.stars.ne.jp/index.html 長かったぁ(^_^;) というのが、正直な感想… コレが初心者から始めて5ヶ月間、専門校に通った成果かな⁈ イラレ…

仮装包形?

今回、文字部はTIANSEブランドのシルバーPLAフィラメント… 一概にPLAと言っても、同じ印刷設定とは限らない… このフィラメントは最初、200℃で試したけれど、イマイチなんで、210℃に設定… 今の設定は冬だけのものかもしれないが… 画像は2色印刷ピックのプリン…

異素材の世界⁈

異素材のヨーダ… 左からPETG,PLA,ABS… 素材、それぞれに特徴有り! PETGは設定が決まれば、ベッドへの定着も良く、失敗しにくく、仕上りもキレイ! 評判通りPLAよりも弾力性があるけれど、プリント後の加工はPLAと同様に難しいし、サポート材の剥離はPLAより…

ライブ観戦の前は…

ラーメン! 無料マシで頼んだら、このボリューム! さすがに、チトキツかった(^_^;)

巻きが…

ヒドイ! QIDI TECH 1で、プリントが途中で終わってることに気がついたんで、原因チェック! 途中で、フィラメントが切れてた… 再度、エクストルーダーにフィラメントをセットして、再プリントしたけれど、またもや、スタック! 原因を遡っていくと、ホルダ…

Aスタンド⁈

最近、ほとんどコレ系のネタになってますが… 朝、まどろんでいる時に思いついた4方向から見てもAというオーナメントを作ってみた… 手順1… イラレで、Aを入力→アウトライン化→好きな大きさ・形に拡大・変形→後で切り取ることを考えて、ピッタリと四角で囲む→s…

今夜はさかな料理…

肴の方ですけど… 1人の時、夕食を作るとその傾向が特に強い(^_^;)

久しぶりに…

豚骨ラーメン! やっぱ、ここのもと味が定番!

これだけあると…

普段使いのピックを買う必要がないかな⁈ コレクション用にアーティストモデルやデザインが気に入ったものしか買わないだろうねぇ〜 足りなくなったら、プリントすれば良いだけし(^。^)

2色刷り…

QIDI TECH 1はデュアルエクストルーダー仕様なんで、2種類のフィラメントを使用して、2色印刷ピックにトライ! 単色に比べて、2種類のstlデータを作らなきゃならないのが、手間… その上、色を変える部分は虫喰いの空白にする必要があるし、プリント用のX3gデ…

スカル尽くし…

スカルとピックを合成… 両面エンボスはやり過ぎ… メッチャ弾きにくい(^_^;) てなわけで、片面マグネット仕様に変更! これくらいで丁度良い! 5wayスイッチ用スカルノブなんてのもDLして、プリント! 試しに装着してみたけど… メタル仕様ギター向きなんで、…

シングルコイルPU用の…

エスカッション! ハムバッカー用に開けられたキャビティにピッタリ… コイツは便利ってなわけで、早速データをDLし、プリントしてみたのは良いけれど… 使う予定ないんだよねー(^。^) エクスプローラーのデータもネットで見つけたんで、ついでにプリントアウト…

多少…

期待していたのは事実(^_^;) だけど、受からなかったのはしょうがねえ⁈ 気分一新して、前進あるのみ! …というこっタァ!

何年かぶりかで…

7弦ギターの弦交換! ギターポリッシュして、ピッカピカ… ついでに、何年かぶりで、7弦ギター弾いてみた… 指板の幅についていけねー!(^_^;) Ibanezのギター弦、親切過ぎてウザい! 弦ごとに、表示ラベルが付いているのは良いけど… あらかじめ、各弦のペグま…

印刷精度…

Ender 3とQIDI 1… 同じモデル(無料火焔土器データの縮尺1/6)を印刷・比較! フィラメントは共にABS、色はクリアとオフホワイト、メーカーと適合温度は違うけれど… 設定はインフィル100%… レイヤーの高さが0.1mm… 印刷速度60mm/s… 共にほぼ同じ5〜6時間掛かっ…

SDカバー⁈

QIDI 1を1週間使ってみて、気になることが… どーゆーわけか? SDカードスロットがボックスの中にある… ヘタすりゃ、フィラメントのカスがSDカードの隙間からスロット内に飛び込むかもしれないし… 季節によっては内部温度が高くなって、カードに悪影響を及ぼ…

ハバネロソース初め⁈

収穫後、追熟してたハバネロを使って今年初のハバネロソース作り! 結構な量だったんで、3瓶完成!(^_-)

色々と細々と…

弦が切れたまま、半年(年が変わったから、一年⁈)放置してあったギター弦とボリュームポットの交換したり… 3Dプリンターのアップグレード用パーツを印刷して取り付けたり… 本日は門外不出デー⁈

ウォーキングで…

川下り! スタートしたのは、四季桜が咲いている某パロマスタジアム… 途中、地形的に面白そうな場所に寄り道したり… 河川改修工事で、堤防沿いに歩けなくて、回り道を重ねたり… 休憩を挟んだため… ググった最短距離(8〜9㎞)の到達時間、2時間弱を大幅に超え…

新しいフィラメント2

Ender 3のPLAフィラメントの押し出しが上手く行かなくなり、印刷が途切れるように… ヒートヘッド内で固まって止まったフィラメントの先端をカットして、挿し直すことを繰り返しても症状は改善されず、すぐに詰まる… 今まで印刷出来ていたのに… PLAの品質の問…

新作ピック!

左から4mm厚のピック… 驚異的に厚いんで、狂ったような厚さということで、「狂」のエンボスにした… 真ん中は同じピックを年賀用の兼ねて、干支の「亥」にしたもの… 一番右は… シャークフィンピックの角度を実用的なものにモディファイしたもの… 「鰭(ヒレ)…

新しいプリンター!

アマゾンの初売りに合わせて、カードポイントをアマゾンギフトに交換… ボックスタイプの3Dプリンターをゲット! 色々と下調べした結果… QIDI TECH 1というデュアルエクストルーダー搭載機種に… 本当は懐に優しいシングルエクストルーダーの同じQIDIのX-ONE2…

新しいフィラメント…

4か月弱で、1kgのABSフィラメントを使い切り! その内の半分近くは失敗… サポート材(印刷物をベッドに定着・安定させる)を合わせると、半分以上はゴミ化… 失敗から学んだのは、上手く印刷するためには… ベッドに定着させるためにノズルとベッドの間には紙1枚…

これまでに3Dプリンターで…

作ったピックのまとめ! 1列目… 漢字をエンボスしたストラップ用アクセと兼用として、最初に作ったハート形Love pickはクラウド式の簡易CAD、Tinkercadで作った… それを発展させたLove pick2は実用性を重視したもの… 原型はフォトショのシェイプのハートから…

買えん!

Appleストアの初売りでMacBook AirやProを買うと24000ポイント貰えるんで、一瞬買おうかと思ったけれど… 現時点の必要性と価格を考えると… やっぱ高くて買えん! で、買えんときには… やっぱ火焔土器! 昨日、無料で火焔土器の3Dデータが公開されていると、…

アケオメ…

てなわけで、コトヨロ! 年賀状4/3スケールを作成… 最初は明朝使って、大失敗! ゴシックに替えて何とか見られるように… もっと印刷速度が速くて、強度があれば… 実物大のまま、年賀状として送るのも良いかもね⁈

ハバネロゲット!

この季節、色付くのがメッチャスピードダウン(^_^;) 採ってから、部屋の中で追熟させるパターン… ハバネロソース作るのは、年明けになりそう…