気まぐれダイアリー

気まぐれ、戯れ、ギター、料理、植物・・・

GOODS

3Dマスク…

無料データが公開されたので、早速、作ってみた… ABSフィラメント0.1mmの積層で12時間… プリント成功したものの… 紐通し部分が破損! プリントの方向を変えて… 10時間、使用フィラメント量の節約にも成功! とりあえず、使えそうな感じ!

改良形?

強化バージョン… 強度増し… 重量増し… 重厚感あり… ウリは台座のサイドに文字が入ること… 果たして評価は?

鏡風だけど…

鏡じゃない… 新作完成! 複弁蓮華文の軒丸瓦をモチーフとしたストラップチャーム… 直径は約35㎜なので、蓮華文の細部は潰れ気味… 細部の再現性に優れる光造形式のElegoo Marsでもこの辺りが限界か? サイドにキャプションも入れてみたが… 結構、読み辛い… 何…

三度ツボる…

FDM方式のプリント失敗が重なり… 製作放棄したままだった… 壺型埴輪ランプ… 再々挑戦! 久々に成功⁈ 初期段階の積層中に出来たPLA溜まりを速やかに除去したのが勝因か? 安っぽいとのご指摘を頂いた100均LEDランプの台座部分を茶色に塗装… コレで見た目はか…

素顔のままで…

今までは… …らしく見せようと… 色を塗りたくってたけれど… スッピンPLAのポップな感じも新鮮でいい!

ド壺に嵌る2⁈

ストラップ用の壺型埴輪ミニチュア版の問題点… キレイにニッパーで切っても髭剃り痕みたいなサポート痕が残ること… 色々、印刷方向を変えて試したけれど… 根本的な解決にはならない(^_^;) 問題点はサポート材ナシだと印刷物の大きさに対して、接地面積が小さ…

ド壺に嵌る⁈

壺型埴輪ランプ開発秘話! 時間&材料節約のために、ブリムのみのサポートナシでプリントしてみるも… 毎回、底部→頸部を過ぎた辺りで、ヒートベッドから剥がれ落ち失敗! 満を辞して、サポート有り10時間コースを試すも、やっぱダメ! ならばと、12時間コース…

Ender 3復活!

ノズル部分からのフィラメントの押出し量が不十分なため、途中で折れて、印刷出来なくなる事態が頻発するようになった3Dプリンター、Ender 3… 症状はノズル交換しても改善されず、先端の内部でフィラメントが 焦げ付いているかも? てなわけで… アマゾンでポ…

レジンタンクラック完成!

QIDI TECH 1の印刷可能領域に収まる大きさ内で、レジンタンクトレーを作製… スッポリ収まるようにタンクの形状にくり抜いてある… 結構良い感じ! トレーがあるだけで、出し入れはメッチャ便利になった… レジンタンクラックの開発はコレにて終了!

一夜明けて…

完成! レジンタンクラック… このままでも使用オッケー! 駄菓子菓子… コレで完成じゃない! これから、取手付の引出し風トレーを設計して、セットする予定!

3Dプリント初め!

今年に入っての初プリントは昨年末にFusion360で作ったレジンタンクラック! 強度がちょいオーバースペックなんだけれど… 時短で作ったんで、まっ良いかって感じ… 1回目はベッドにノリ塗り忘れた部分があって、反りまくりで失敗! 2回目はノリ塗りまくりだか…

ツボにハマる⁈

実測図を基に作る遺物復元第4弾? 壺型埴輪… アクセサイズのミニチュアを作ろうという企画なんだけれど… そのままの比率で縮小すると… 胴体、特に底部が薄くなり過ぎて、サポートを外す時に崩壊してしまうことが判明! 実測図通りじゃなく、厚さを盛る必要が…

ピピルマピピルマプリリンパ!

依頼受けて、実測図を叩き台にして、マジカルワンド? 儀杖を製作! Fusion360上では、キレイなんだけど… プリントすると、表面はソコソコいけてるけれど、裏面はサポート痕の影響で中々満足の行く結果が得られない(^_^;) 駄菓子菓子… コレでオッケーが出て…

蛤又は浅蜊型…

以前、作ったCLAM SHELLピックを新しくゲットしたクリアグリーンのレジンを使用して、ELEGOO MARSでプリント… 見た目はこれまでで、1番の出来! 何故? CLAM SHELLなのかは… 横から見れば… 厚さは3種類… 3mm、4mm、8mm… 実用的なのは3〜4mm… 8mmは名前体現み…

巴柄…

マグネットのコラボ… 大小巴尽くし!

火焔コラボランプ!

ELEGOO MARSでプリントした火焔土器1/6モデルの底部をカット! 100均のミニチュアライトのシェード部分も短くカットし… ブロンズカラーにスプレー… 両方を瞬間接着剤でドッキングさせて出来たモノがコレ! チョイ、ランプシェードが大きいけれど… いい感じ(^…

TOMOE MORE⁈

オリジナルタイプ以外に、ブローチやマグネットタイプの巴型を増産中! ブロンズ風に塗装する予定だったけど… 手持ちのゴールド缶スプレーにて、代用… 雰囲気は出ている?

巴型の動機…

ネットで巴型銅器の画像を見つけたんで… 参考にしながら、Fusion360で、スケッチ描いて、押し出し、フィレット、面取り、ロフト、シェルを使って、サクッと3Dモデルを作ってみたけれど… 印刷してみて、実用的?アクセにするには色々気になる点が… 印刷を繰り…

火焔ストラップ⁈

3Dプリンター、ELEGOO MARSの再現精度の確認を兼ねて、火焔土器の携帯ストラップ化に挑戦… 元データの1/10、高さは約25mm程… 流石に精度0.05mm、細かい部分まで再現されている… もう少し、サポートを間引いてやれば、キレイに出来るはず…

勾玉の進化?或いは…

現在、使用中なのはクリアグリーンのレジン… どうせなら、碧玉のイメージで… てなわけで、Fusion360で勾玉作りに挑戦! 実測図や勾玉アクセを参考にしつつ、デザイン化… 3DCADで丸みを帯びて湾曲する形状を自在に表現するのは、結構難しい… 最初はロフトのみ…

耳環の問題?

3Dプリンターで印刷した極小の古墳の地形でピアスを試作… 古墳女子ってピアス派? 当時はピアスが主流だったのは間違いないけれど…

印刷精度と素材の違い…

FDM(熱融解積層)式のQIDI TECH 1の印刷最高精度0.1mm、対する光造形式のElegoo Marsは0.05mm… その差は歴然としているが… 方式上の違いで、積層痕の見え方が明らかに違う… FDM方式は… 動き回るノズルから熱溶解した細い糸状の樹脂がが射出され、積層されてい…

光造形方式は…

色々試してみた結果… ピック製作に適した3Dプリントと判明⁈ 一度に1枚印刷しようが複数枚しようが、印刷時間が変わらない… 熱積層式のようにABSのアセトン処理、PLAやポリカの研磨などを行わなくても、ピック使用可能なキレイな仕上がり… ただし、ノーマルレ…

成功⁈

やっとピック9枚一度に印刷成功! やっぱビルトプレートへの定着を優先して、面積を稼ぐブリムを設定したのが良かったのかもしれない… ピック形状も一定で、キレイ… コレは成功でしょ? 表面がベタつくんで、エタノールで洗った後、更に、UVライトを当てて、…

思った通りに…

例のELEGOO MARSの3Dプリンターに手こずる… 一応、前もって、英語のマニュアルに目を通し、YouTubeでも手順を確認して、光造形用のスライサーでギターピックのデータを作成… 光造形式の仕組みはUVライトが当たったところだけ、レジンが硬化し積層が作られて…

サンダー⁈

20年近く前に買ったモノだけど… 初めて、使用! コイツはヤバイ! メッチャラク! ノーダスト! 仕事が早い! 何で今まで使わなかったのか? なんだけれど… サンドペーパーがすぐにツルツル⁈ それだけ、時短出来るってこと(^。^)

わらしべ長者⁈

実は… この前、作った十字架デザインのピックは… ある人に贈るために製作したもの… 人伝に渡してもらったところ… 何と… こんな返礼品が… ギブソンのボールペンが2本も! 私が持っているエクスプローラーのモノとダブってない… これじゃ… 丸っ切り、わらしべ…

10 o’clock?…

って、名前にしようかと一瞬考えた… 新しいピック! クロス(十字架)を中芯にして、ピックをデザイン… 上手くまとまったと思う… 今風の厚手ピックとして、ポリカで印刷したものは、強度も弾き心地も悪くない… もちろん、水研磨の仕上げ⁈ てなわけで、2色刷り…

Elegoo Mars 3D Printer…

初めての光造形方式の3Dプリンターをタイムセール祭にて購入… とりあえず、開封してみたけれど… コレから苦難の道の予感⁈ 素材がレジンという液体というだけで… 結構、手間がかかるっぽいから(^_^;)

ポリカーボネート…

ピック素材として、今まで、使ったことがないポリカの白色フィラメントを購入… ABSよりも硬度と耐久性は優れているという… 早速、ピックをプリントしてみた… ノズル温度250℃、ベッド100℃とSUNLUのABSと同じ設定… やや糸を引くけれど… プリントの出来上がりは…