気まぐれダイアリー

気まぐれ、戯れ、ギター、料理、植物・・・

GUITAR

KNOBS REMOVER

数年前、自ら考案し、アルミ板を切って曲げて自作したギターボリュームノブ・ポットの簡単取り外しツールを3DCADで改良・再設計! ピッタリサイズにプリントとするのには、フィラメント素材によって、印刷完了時の収縮率が違うところが難しい(^_^;) 結局のと…

手工芸ピックの3D化⁈

現在、鼈甲を手作業で切り出して、磨き上げた某ピック… デジタルノギス片手にミリ以下小数点2桁まで測りながら、3DCADの練習を兼ねて3Dデータ化中… 3Dスキャナーがあれば、簡単なんだろうけれど… 無い物ねだりはヤメ(^_^;) 対象が小さなピックだから、相当精…

スライドバーの開発を再開⁈

一見、和の造りに拘った料理屋のトイレにある朝顔(便器)にも見える形状… 今回、開発を再開するのにあたって、某SHのスライドバーのページを見てたら、以前作ったものと瓜二つの製品を発見! なーんだ! 既に製品化されてるんだ? 駄菓子菓子、形状こそ似てい…

ピックホルダー試作品3.5

フェンダーストラップにピッタリ嵌まるように大きさを調整… 表面の空白が寂しかったんで、装飾として文字を入れてみた… ピックホルダーらしく… HOLD MEとPICK ME UP… 不思議の国のアリスに出てくる薬瓶に 書いてあったDRINK MEの雰囲気を真似た感じ⁈(^_^;) …

ピックホルダー試作品3

造形はそこそこ早く出来たものの… プリント設定で躓いて、上手く印刷出来なかったギターストラップ用の新型ピックホルダー… 案の定、反りが出で、イマイチの出来だけど… 実用レベルのモノが完成⁈ フェンダーストラップに合わせて、作ったつもりだったけれど……

ピックホルダー試作品2

何とか試作品は完成! ギタースタンド用… もちろん、径を変えてやれば、マイクスタンドにも装着可能! 素材はABS… PLAでも試してみたけど、硬くて、弾性がないため、スタンド装着時にパキパキ割れた(^_^;) 問題は印刷に5時間掛かるのと、内装材のスポンジゴ…

ピックホルダー試作品…

偶にはピック以外のモノを作ってみよう! てな訳で、ピックホルダーを試作… このデザイン… 100均の素材を基に作ったピックホルダーからヒントを得たモノ… 溝部分にスポンジゴムを嵌め込み、本体下部の穴にマジックテープを通して完成! ストラップに装着出来…

新作ピック⁈

基本モデル2パターンとお遊びバージョン1パターンの出力完了! コンセプトは「今までのギターピックの常識を打ち破れ!」… どんなアングルで弾いても単音弾きの音を揃え易くするというもの… 個人的には効果有りと思っている… ピッキングのアングルを変えても…

ギターピックの3Dプリント1

オリジナルピック製作目的で、3Dプリンターを購入してから、半年以上経過… 3DCADを独学しながら、デザイン、製作したピックも派生バージョンを合わせると40種類オーバー… 実際にピックをプリントして分かった留意点を纏めてみた。 ピックはサポート付きで、…

ロフト応用編2 〜六芒星の手裏剣化!〜

六芒星ピックもロフトを使って、更なる3D化… ロフトを分けてかけるところが少し面倒だけど、狙い通りの効果! 元はコレ… ↓ ブレード部分の立体化! 元々ピックらしくないデザインだったけど、今回のアップデートで更に拍車がかかり… 2〜3倍の大きさでプリン…

ロフト応用編1 〜フカヒレの進化!〜

以前、作ったフカヒレが進化! 点と面をロフトして、丸みを演出⁈ ヒレの3D化に成功? それだけじゃ面白くないんで、凸凹した側面も球形で表現! 「珠」という漢字を配してみた… 珠パワーで更に強力になるのは間違いナシ⁈

バージョンアップ!

ロフトを使ってLove Pickのバージョンアップ! 本体ハート形の3D化… 点と面を繋ぐだけで、丸みを帯びたハートになるとは驚き! ポイントは点の位置やね〜(^_-)

ロフト!

正三角形のベース用ピックを作ってみた! エッジのテーパーはロフト機能を使用… コレを使えば、ピック作製時に面取りする必要がなくなる!

設計三昧⁈

久しぶりにマジな設計?… どちらかというと… デザイン?作図モードに突入! モチベーション上がってきた⁈

ABSとアセトン…

ABSの表面がツルツルになるというアセトン処理にチャレンジ! ツルツルというのは研磨ではなく、表面が溶けるという意味… だから、忘れて放置するとスライム状になる危険性もある… 用意したのは100均で買ったキャニスターとステンレスの軽量カップ… と純正ア…

吉良ピック⁈

この形に慣れ過ぎて、他のピックで弾けないという友人のために、とあるモデルを基にピックを製作! エッジ処理が中々上手く行かなくて、3Dモデリングも数回、方法を変えて、チャレンジ… 何とか納得できるレベルまで漕着! 初めての極薄ピック、1mm以下、0.8m…

フカヒレの進化と退化⁈

エッジ処理に行き詰まり、長い間、開発を中断していたシャークフィンピック… やっと目処がついたんで、製作を再開… 新しくピックを製作する場合は、イラレで型起こしするときから、パスの数や位置、角度を意識して、片側だけ描いて、コピー&リフレクト、結合…

アローヘッドピック⁈

今までは始めにイラレで平面形状ををデザインしてから、Fusion360で、押出しで立体化して、面取り、フィレットでエッジを加工するという手順で、ピックを製作してきた… 駄菓子菓子、その手法じゃ、思い通りの断面形状にするのは、中々難しい… そこで発想を逆…

自作ピックの改良中…

4mm厚のピックの断面形状を見直し… 3Dカットして、テーパーをつけ、頂点を作った… そこを持って、弾くと原理的には均一の厚みのピックよりも、小さな力で済むはずなんだけど… やっぱ、もう少し検証する必要があるかなぁ… 刻々と改良するしかない(^。^)

コピーが目的じゃないけれど…

勉強のために… とあるピックをコピー・採寸、3DCAD化してみた… 元々、一枚一枚手作りのモノ… 平面形状はある程度、統一が取られているが、側断面の形状はマチマチで、原型の推測は出来るものの、正確なところは分からない(^_^;) てなわけで、別サイトのブロ…

久々に新ピック⁈

新しいコンセプトに基づいたピックを只今、開発中! 3Dプリントじゃないと難しいデザイン…. 半日以上かけて、やっとプロトタイプが完成… あとはピック開発の師匠に送って、感想が聞けたら嬉しいなぁ? って… 殊勝なこと書いてるけど… 新ピック名が「2枚舌」…

エッジの見直し…

イラレで形をデザインし、Fusion360で3D化してきたピック… 厚さ2mm以下のモノは、フィレットでエッジを丸めて、仕上げていたけど… 弦を弾いた時のタッチの向上のため、手法を変えてみた… エッジを30°のテーパーをつけて切り取る工程プラス! それから、フィ…

さらに…モディファる!

FVピックアクセ化! リングを追加して、ストラップになるように… やっぱカッコイイのは2色刷りの方かな?(^_^)

FVピックのモディファイ…

製作当初、フライングV形ピックは見た目重視の虚仮威し感が強かったデザイン… 慣れのせいもあるかもしれないけれど… 結構、弾きやすいピックという評価に変わってきた… どうせなら、更にカッコイイ化しようということで、2色化してみた! 2色印刷用データは…

ギターの3Dプリント⁈

やっと勢揃いしたんで、とりあえず、記念撮影! ストラト、テレキャス、Vにレスポールにエクスプローラ… 印刷時間の都合で縮尺は合ってないけれど、アンプとキャビも揃った… まあ、試し刷りの域だけど… 海外では、実部大のボディをプリントして、ギターにし…

WEBサイト完成(仮)!

今朝、やっとサーバーを借りて、撮影、イラスト作成も含めると延1ヶ月以上掛かった、サイト一式をUL! http://lovepicks.stars.ne.jp/index.html 長かったぁ(^_^;) というのが、正直な感想… コレが初心者から始めて5ヶ月間、専門校に通った成果かな⁈ イラレ…

仮装包形?

今回、文字部はTIANSEブランドのシルバーPLAフィラメント… 一概にPLAと言っても、同じ印刷設定とは限らない… このフィラメントは最初、200℃で試したけれど、イマイチなんで、210℃に設定… 今の設定は冬だけのものかもしれないが… 画像は2色印刷ピックのプリン…

これだけあると…

普段使いのピックを買う必要がないかな⁈ コレクション用にアーティストモデルやデザインが気に入ったものしか買わないだろうねぇ〜 足りなくなったら、プリントすれば良いだけし(^。^)

2色刷り…

QIDI TECH 1はデュアルエクストルーダー仕様なんで、2種類のフィラメントを使用して、2色印刷ピックにトライ! 単色に比べて、2種類のstlデータを作らなきゃならないのが、手間… その上、色を変える部分は虫喰いの空白にする必要があるし、プリント用のX3gデ…

スカル尽くし…

スカルとピックを合成… 両面エンボスはやり過ぎ… メッチャ弾きにくい(^_^;) てなわけで、片面マグネット仕様に変更! これくらいで丁度良い! 5wayスイッチ用スカルノブなんてのもDLして、プリント! 試しに装着してみたけど… メタル仕様ギター向きなんで、…